鈴木研究室
RNA生命化学

工学部 化学生命工学科 / 大学院工学系研究科 化学生命工学専攻

http://rna.chem.t.u-tokyo.ac.jp/

  教 授
鈴木  勉
  講 師
鈴木 健夫
 

助 教
長尾翌手可
 

助 教
大平 高之

最近の発表論文

  • Nature Struct. Mol. Biol. 2017, in press. [PDF]
  • Nature Chem. Biol. 2016, 12, 648-655. [PDF]
  • Nature Chem. Biol. 2016, 12, 546-551. [PDF]
  • Nature Rev. Genet. 2016, 17, 365-372. [PDF]

研究テーマ

機能性RNA(Non-coding RNA)は、遺伝子発現を様々な段階で調節することで、発生や分化、疾患、脳機能などの高次生命現象に関与していることが次第に明らかになりつつある。当研究室は、細胞に存在する超微量なRNAの精密構造解析を駆使することで、RNAが支配する全く新しい遺伝子発現制御機構を発見し、高次生命現象を解明することを目標としている。また、得られた成果を医薬や医療などの分野へ積極的に活用するための応用研究も行っている。

リボヌクレオームの研究:

リボヌクレオームとはRNAの分子的な側面に着目し、RNA修飾やエディティングの生合成や機能を包括的に理解するための概念である。RNA修飾が関与する遺伝子発現機構や、RNA修飾異常に起因する疾患の研究などを行っている。

タンパク質合成機構とリボソームの研究:

タンパク質の合成工場であるリボソームはRNAとタンパク質からなる精密機械であり、その中心的な機能はRNAが握っている。リボソームRNAのアーキテクチャーの研究や機能解析を行っている。

マイクロRNAとRNA干渉の研究:

マイクロRNAの生合成や代謝の研究を通じ、遺伝子発現の調節機構と高次複合形質の関係を追求している。また、高活性なsiRNAのデザインを行い効果的な遺伝子発現抑制技術の開発も行っている。